人生を楽しむ、
ガレージライフ

設計&建築 ©DAYTONA HOUSE✕LDK(本部)

人生を楽しむ、
ガレージライフ

設計&建築 © DAYTONA HOUSE✕LDK HAMAMATSU(balance design株式会社)

人生を楽しむ、
ガレージライフ

設計&建築 ©DAYTONA HOUSE✕LDK(本部)

CONCEPT

DAYTONA HOUSE✕LDK

デイトナが提案する新しい建築のカタチ

DAYTONA HOUSE✕LDKは、人生の創意工夫をテーマにした月刊誌『デイトナ』と、 数多くの設計&建築を手掛けてきた『LDK』のコラボにより誕生した建築ブランドです。 デイトナは、その独自の観点からの誌面作りを通して“新たなライフスタイルの提案” というソフト面を担い、そしてLDKは拡張性に優れる軽量鉄骨建築システム『LGS』を用いて、 その趣味性に富んだオーナーの受け皿となる家づくりを担当します。

SYSTEM

DAYTONA HOUSEの構造

DAYTONA HOUSE✕LDKを構成する『LGSパネル』

LGSパネルとは、デイトナハウスの建築システムの基本単位になる軽量鉄骨のパネルです。厚さ3㎜、幅12.5㎝、厚み5㎝の『Cチャンネル』と呼ばれる部材を、横幅182㎝、縦270㎝の長方形に溶接して作ります。対角線のクロスしたパーツは『ブレース』と呼ばれる筋交いで、力の伝達を受け持つ大切な部分です。

単一のパーツを連結するだけで多種多様な建築を作ることが可能

“柱”と“梁”を使って軸組を作っていく一般的な建築とは違って、デイトナハウスはこのLGS パネルを連結することで住宅、ガレージ、別荘、店舗、マンションなどの様々な建築を可能としています。部材はすべて同じですから、精度の監理がしやすく、ローコスト&スピーディに生産することができますし、パネル枚数で建物の姿や規模なども連想しやすいのもメリットです。

CASE1
CASE2
CASE3

LINE UP

商品ラインナップ

箱型住宅TYPE-B

デイトナハウスのエッセンスを4スパン ✕ 4スパンに凝縮したBOX型の規格住宅。それがTYPE-Bです。 ガレージ付きの『ML』は、クルマやバイクなど“移動”を人生の中心に置いたアクティブな住まい手に。 『OL』では、豊かな吹き抜け空間や大らかなフリースペースでクリエイティブなイメージの世界を楽しむ人に。 家族全員がこの家を拠点にもっと人生を楽しめる、趣味のベース(基地)になるように規格・設計しています。

高床式平屋住宅TYPE-F

オリジナル高床式工法『SPIKY-LGS』を使って、ふわりと空中に浮かび上がるようなフォルムが特徴の規格型フラットハウス。 地面に突き刺さる鋼管杭が、“束”の役目を果たしています。 デザイン基調は1950年代のアメリカ西海岸を席巻し、今でも世界のスタンダードになっている“ミッドセンチュリースタイル”。 平坦な敷地ではよりスタイリッシュに、傾斜地でも造成工事不要での建築が可能ですから、別荘やリゾート、レストランや美容院などにも転用ができる規格となっています。

ガレージ付きアパートGLB

デイトナハウスが設計施工した“世田谷ベース”の増築部分を横に連結させて構築したガレージアパート商品。 1Fがガレージ空間、2Fが豊かな吹き抜けのある居住空間という構成のメゾネットの賃貸住宅です。 随所に艶消し黒の鉄骨の素材感を露出させたガレージ空間は、他を圧倒する格好良さを提供。 賃貸住宅経営の端境期に差し掛かる今、ユーザーの愛着が長期に持続し、使うほどの味が出てくる素材重視の“希少物件=GLB”。 是非、ショールームをご覧ください。

店舗型規格商品TYPE-S

デイトナハウスのオリジナルスチールサッシのシャープなグリットが印象的な店舗スケルトン規格商品『TYPE-S』。 オールドモダンな外観の印象が、店舗内部の商品やコンセプトを外部に滲み出させます。 鉄骨が持つ、シンプルかつ重厚な素材感は、店舗内でディスプレイされる商品群と相性は抜群です。 間口の広さや奥行きによって、価格が掛け算で算出されるシステムも相まって、新しいタイプの店舗を計画される方にとって、強い味方になる商品です。

WORKS

施工事例